Binary Provider API廃止によるAmazonSNSの影響について

Tech

2020年11月からレガシーバイナリープロバイダが廃止になるので

APNsプロバイダAPIに切り替える必要があります。

自分はAmazonSNSを使っているので影響がないのか調査してみました。

おさらい

Appleデバイスにプッシュ通知をする方法

証明書ベースと認証トークンの2つの方法があります。

それぞれの比較はこのようになっています。

自分は証明書ベースでプッシュを送信しています。

(AmazonSNSが認証トークンに対応していない)

  • 証明書ベース
    • 以前からある方法
    • p12形式を使用
    • 証明書の期限が1年
  • 認証トークン
    • 最近できた方法
    • p8形式を使用
    • 有効期限がなし

APNsプロバイダAPIを使用しているかの確認方法

デベロッパー側の問題では無く、プロバイダ側がAPNsとの通信で使用しているので確認するためには使用しているプロバイダ側に確認する必要があります。

AmazonSNSがAPNsプロバイダAPIを使用しているか?

AmazonSNSがAPNsプロバイダAPIを使用しているかネットで調べたのですが載っていませんでした。

諦めまいと色々みていたら、AmazonSNSのフォーラムの中で気になる部分がありました。それはユーザーとAmazonのカスタマーサービスとのやり取りの中でhttp/2に対応したとAmazon側が回答していました。

ここで確認しました。

自分はこの部分でしか確認出来なかったのですがAmazon側が大丈夫と言っていたのバイナリープロバイダーAPI廃止の影響は無いと思っています。

Tech
スポンサーリンク
torafuguをフォローする
トラフグと銀宝のねこ工場

コメント

タイトルとURLをコピーしました